奈良県でソフトウェア開発・Webサービス構築しているフリーランスのエンジニアです

ロジカルアーツ研究所

PHP

PHP5におけるarray_merge関数の仕様

投稿日:

PHP4→PHP5への移行に伴い、array_merge関数の仕様が変わっていますので注意が必要です。

PHP5ではarray_merge関数の引数はすべて配列でなければなりません。

array_merge($array1, $array2, $array3, ・・・);

PHP4では次のようなコードも許されていましたが、

$array1 = array("a", "b", "c");
$result = array_merge($array1, "d");
print_r($result);

PHP5ではこのコードは無効とされ、結果はヌルになってしまいます。

PHP5では次のように明示的に配列として定義しなければなりません。

$array1 = array("a", "b", "c");
$result = array_merge($array1, array("d"));
print_r($result);

実はこのようなコードがXOOPSの古いモジュールに含まれていたのですが、サーバー側で勝手にPHPのバージョンが上がったため正常に動作しなくなっていました。エラーメッセージも表示されないので発見が困難です。ご注意下さい。

スポンサーリンク

関連記事

-PHP

Copyright© ロジカルアーツ研究所 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.